ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

最近笑っていない時に、クスっとちょこっと笑える方法①

 

 

こんにちは、涙子です。

 

いよいよ、令和の時代が幕を開けました。

 

明るい時代になりますように。( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡


その祈りも込めて、今日は、皆様がクスっとちょこっとだけ笑える方法をご紹介します。(全3回)

(私は、めっちゃ笑える方法なんですけどね(笑))

 

これは、私の経験談です。

 

学生時代からの友人Aと久しぶりに会うことになりました。
(久々に会うので、何を話そうかな~、あの話もしたいし、この話もしたいな( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡)

 

友人Aが新居に引っ越したという事と、久々に会うのでじっくり話をしたいということで、友人の家でゆっくり話をすることに。

 

お互いに、今日は近況報告をして、今悩んでいることや、子供のこと、介護のことなど、半日かけていろいろ話そうと思っておりました。

 

久々に友人と再会!「キャー(≧∀≦)久しぶり~。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜」

 

友人宅で、お茶をしながら話そうとしたとき、私はふと本棚にあるアルバムらしいものに目が留まりました。

 

私:「えっ?あれって、アルバム?アルバムってちゃんと整理して保管してるんだ~。エライ!うちなんて写真の整理が全くできず、引き出しにドサッとまとめて入れてるだけ。( ̄д ̄)もうぐっちゃぐちゃで、あの写真が見たいなーって思っても、もはや探し出せない。( ̄д ̄)」

 

友人A:「もはや探し出せないんだったら、せっかくだったら、(30年くらい前の)昔の写真、ここで見てみよっか?私も久しぶりに見るし。」

 

私:「うん!うん!☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆見よー。」

 

早速アルバムを見ることに・・・。

ページをめくると、二人とも一瞬( ゚д゚)ポカーン

 

 

そして、3秒後ぐらいに、大爆笑(笑)

 

なぜ笑ったかって言いますと、私達、とってもダサかったんです。(笑)
当時は、私たちはイケてる、バッチリ!!と思って着ていた服やメイク、そして髪型にいたるまで、今見てみると、全てにおいてダサかったんです。(あの時は、最先端のはずですが・・・(;^_^A)

 

それも、そんなにダサいのに、すました顔して写っていたり、(^^)vvサインをしたりして、かっこつけちゃっているんです。(笑)

 

 

笑いすぎて、なかなか次のページに進めません。(笑)

 

ちなみに、当時の私は、どんな感じだったのかと言いますと、化粧は濃くって、服装はあの頃流行っていた服装(めっちゃざっくりですね(;^_^A)を、そして、髪型はその頃アイドル歌手のK・Sさんが(あ~らしを~お~こして~の方です)されていた、前髪カールの髪型をしていました。


一緒に写真に写っていた友達みんな、その髪型をしていたんです。(笑)

 

つづく・・・。

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

 

義母のアポなし訪問⑧

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

義母のアポなし訪問③

義母のアポなし訪問④

義母のアポなし訪問⑤

義母のアポなし訪問⑥

義母のアポなし訪問⑦

こんにちは、涙子です。

 

前回は、結婚してからの夫の様子を書きました。

 

一番身近なパートナーに気持ちに寄り添ってもらえない、協力してもらえないというのは、とても苦しく、寂しいものです。

 

私は、いつの日からか、この人に話しても何にも解決しないと思い、相談することはしなくなっていました。

 

だから、話し合いはどうせできないに決まっている。でも、今回ここで言わなければ何も改善しないし、改善しなければ、違う道も考えなければならないなと思いました。

 

意を決して、「義母の今回のこと、やりすぎだと思う。こういうことされると困る。私からは義母には言ったけれど、あれは全然わかってくれてないと思う。あなたからも何とか言って欲しい」と伝えました。

 

すると、夫は「はぁ?義母の行動は、別に俺はなんとも思っていないし、※俺は、何も困っていない。困っているのは涙子でしょ?自分が困っているんだったら自分で解決したら??」って言われました。

 

私:「( ゚д゚;)ポカーン」

 

私は、夫婦とは、お互い助け合うものだと思っていました。
苦しい時ほど助け合って絆を深めて行く、そういう存在だと思っていました。

 

でも、夫は、こんな状況を危機的な状況と捉えることもできず、突き放すようなことしかできない。

 

もう、この人は、話にならない。

 

そう思った瞬間、私の中で完全に吹っ切れました。

 

私は、結婚してから今まで、妻として、嫁として、母として、ずっといろんなことを、自分の気持ちを押し殺して生きてきました。


それは、全ては夫の為、子供の為、家の為、そのために自分を犠牲にしてきていたんです。

 

でも、夫はどうでしょう。


こんな私が切羽詰まった状況を把握できず、なんとも思わない、何も感じない、何も問題解決をしようとしない、向き合わない、逃げてばかり。私の気持ちを何も理解しようとしない。

 

私は、こんな人のために今まで自分を犠牲にして懸命に尽くしてきたのかと。
「夫のことが嫌い。」「義家族のことも嫌い」だなと素直に思いました。
嫌いな人のためには何も頑張れない。

 

これからは、自分自身と子供の為だけに生きて行こうと。╰(*´︶‘*)╯

そして、この人と一緒にいる意味がない。離婚しよう。と思いました。

 

離婚するとしてももう、話し合いなんてするつもりはこれっぽっちもありませんでした。(今までこんな状況で、今更、話し合いなんてできないでしょ(笑))

 

突然この家から消えてやろう。その準備をこれからひっそりと進めて行こうと思いました。

 

つづく・・・。

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

義母のアポなし訪問⑦

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

義母のアポなし訪問③

義母のアポなし訪問④

義母のアポなし訪問⑤

義母のアポなし訪問⑥

 こんにちは、涙子です。

  

前回は、夫と話し合いをしようと決意したところまでを書きました。

 

いつも話をしようとすると、嫌な顔をして、不機嫌になる夫。
そして、逃げ出す夫‥…━━━ΣΣΣ≡ヘ(*-ω-)ノ(逃げ足早いんです。(笑))

 

夫は一体どんな人間なのか、少しお話ししておきます。

 

夫は、結婚する前までは、とても私に尽くしてくれるような優しい人でした。(いつも、私の気持ちを最優先してくれていましたよ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡)

 

でも、結婚してからは、私のことは、家政婦のように思っているようでした。
私が、家でゆっくりすることは許さないが、夫は、家ではわがままやりたい放題でした。(そうやって育ってきたからです。)

 

私が一番辛かったのは、私の気持ちを全く受け止めてくれないこと。

 

何でも私がやって当たり前。育児も家事も義家族の対応も完璧にできて当たり前、全部できて当たり前だと夫は思っていたんです。(夫は全くできないのにですよ!!)

 

だから、少しでもなにかできないことがあると、「できてないやん!」と私を攻めていました。特に息子は発達障害ですごく手のかかる子でしたので、本当に育児が大変で、問題も多かったです。

息子の問題が多いと、夫は一緒に問題を解決しようと私に向き合って協力してくれることはなく、育児は涙子の仕事でしょ。しっかりやってよ!という態度でした。

 

夫の前で子供が泣いていても、夫は知らん顔。私を呼んで、「涙子ぉ―、息子が泣いてるで!早く泣き止ませて!」と家でゴロゴロばかりしている夫がよく申しておりました。
目の前で子供が泣いたり怪我をしたりしても、平気でゲームに夢中になる夫。
子供がパパ助けて~と言ってきても、俺はゲームで忙しいから無理!と言って、子供と関わろうとはしませんでした。

 

目の前で困っている人がいても、何も感じない人なのです。


だから、子供が泣いていても何も感じないし、私が悩みを打ち明けようとしても、何も感じないし、なんとも思わない。

 

こんな感じの夫でしたので、私が育児の悩みを話そうものなら、すぐに、不機嫌な顔をして、「俺は、仕事で疲れて帰ってきてるの!ゆっくりさせてよ!」(←私も仕事してるよ!)とか「俺のリラックスタイムを邪魔するな!」「俺は育児のことはわからんから」「俺にそんなこと言われても知らんし。」と言って、話を聞いてくれることはありませんでした。

 

次回は、いよいよ夫に話をします。夫は理解してくれるのでしょうか?

 

つづく・・・。

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

義妹のアポなし訪問②

 

過去の記事はこちらから↓

義妹のアポなし訪問①

 

こんにちは、涙子です。

 

前回は、義妹の子供の面倒をみるはめになってしまう話を書きました。

 

義家族のアポなし訪問だけで、結構書いちゃってますね。

もうしばらく、お付き合いくださいませ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 

別に義妹の子供をちょっと預かるぐらいはいいんです。育児って本当に疲れますもの。困ったときはお互い様。そういう気持ちでいたいな~って常々思っています。

 

・・・でも、結局お互いさまにはならず、義妹とは、一方通行なんですよね。(笑)
一度もうちの子供たちを預かってもらったことはありませんでしたよ。

ガビーン(゚д゚lll)

 

それと、義妹から「今日はお願いね」っていう一言があれば、私は、とても頑張れるたちなんです。(単純デス( *´艸`))

でも、いつも私たちへの事前連絡は一切なし。事後連絡ももちろんありません。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

モチベーションが下がりますーーー(――;)。

 

絶対に言わないといけない言葉ではないけれど、その一言があるかないかだけで、全然子供たちを預かる時の気持ちが違うんですよね。私の場合。

 

義妹の子供たちはもう大人ですが、結局一度も「お願いね」とか「ありがとう」という言葉は言ってもらえませんでした。(´;ω;`)ウゥゥ

 

ちなみに、義妹の子供たちを預かっている時、義妹は一体何をしているのかと言いますと、いつも家でダラダラ・ゴロゴロして、過ごしていたようです。(体調不良ではないですよッ。)

 

義妹の子供たちが「お母さんは家でダラダラしたい時は、おばちゃん家(私のこと(笑))に連れて行くって言ってた」と。
(えっ!?( ゚Д゚)私もダラダラしたいよぉーーー!!)


そして、もう一つの困りごとパソコントラブルです。(頻度は少なめ)

 

お店の割引クーポン券、今は、スマホが普及して、画面を見せるだけでよくなりましたが、一昔前は、プリンターから出力して、クーポン券を持参している時代がありました。
そのクーポン券を家のパソコンで、上手く出力できないと、義妹は我が家にやってくるのです。出かける日の朝早くに。(と言っても義母ほど早くはないです。)


これが、ちょくちょくありまして。


家にパソコンの具合を見に行くことも。(これは、夫に行ってもらってました。)

 

あと、年賀状を書こうと思ったら、パソコンの調子が悪いとか、プリンターの調子が悪いと言って、12月31日の朝に年賀状を印刷させてと我が家にやってきたことも。(遅すぎ!!(笑))


年末の出かける予定はもちろんキャンセルです。そして、年賀状を印刷するのは、もちろん私達。(もっと早くに言って!!(`Д´) ムキー!)

 

あの頃は、義妹にとっても、私は、単なる便利屋さんだったんですね。(^^;

 

こうやって、書いてみると、義家族はやっぱり似ているな~と思ってしまいました。

 

血は争えないってやつですね(笑)

 

次は義母のアポなし訪問に戻ります。

 

おわり

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

義妹のアポなし訪問①

こんにちは、涙子です。

 

ご紹介を忘れておりました義のアポなし訪問編です。(全2回)
義母のアポなし訪問のつづきは、今書いておりますので、しばしお待ちを。

 

 

最近の記事は単なる義家族の愚痴になってますね。(笑)
お嫌な方はスルーくださいませ。🙇

 

義妹も基本的に義母と似たような性格です。
車で10分くらいの所に住んでいます。

 

訪問頻度はそんなに多くはないのですが、困ったときだけ我が家にやってきます。

困った時とは大きく2つありまして・・・。

1つ目は、育児、もう一つはパソコントラブルです。

 

どんな感じかと言いますと・・・。
まず、今日は、育児のことを書きますね。

 

義妹には2人子供がいまして、育児がしんどくなってきたら、子供たちだけ我が家に預けにきておりました。

 

その子供たちには「今日はここで一日遊んでもらいなさい。」と言って、義妹は家の前まで車で送ってきて、子供たちだけ降ろします。(うちの都合は全く関係なく、突然です。)

 

子供たちを降ろして、義妹は、すぐに車を出して走り去ってしまうので、有無を言わさず、子供たちは置いてけぼり( ̄д ̄)。

 

あれっ、甥っ子たちのアポなし訪問??


例え私たちの都合が悪くても、子供たちを放置はできないので、結局その日は子供たちの面倒を見ることになります。
(もし、私たちがいなかったらどうしたんだろう・・・。)

 

お出かけをする予定だった時は、仕方がないので、子供たちを一緒に連れて行っておりました。
実は、この子供たち、超――――ワガママちゃんだったんです。

ガ━━(゚д゚;)━━ン!!


私には荷が重すぎて重すぎて、重石のような存在で、押しつぶされそうでした。いやっ、潰されていたかも。潰されて、漬物になってました(笑)

 

印象に残っているのが、息子の七五三の時です。

私たちは、着付けの予約をしていたので、朝早くから、出かける準備をしていました。
義母も一緒に行く約束をしていたので、実家にお迎えに。


すると、義妹の子供がぁ・・・。出たぁ~(お化けみたいですね(笑))

 

秋だからかなり寒いはずなのに、その時の子供の格好は、半そでに短パン、ビーチサンダル(なぜ?)、そして、朝なのに服がなぜか汚れている状態。昨日はお風呂に入っていないと。エッ!?( ゚Д゚) 入ってないのぉーーー?


子供が「七五三に行きたい行きたい。」そして、義母も連れて行きたいと言うので、急遽連れて行くことに。

 

とにかく、時間がないので、子供は汚い格好のまま慌てて出発。(;^_^A

めっちゃ浮いてましたよ。結構寒い日だったのに、ビーチサンダルって。(笑)

世間様から見れば、私の子供だって思われてますよね。(笑)

 

 

義母は、うちの子供たちよりも、義妹の子供たちの方をとてもかわいがっていましたので、どんな時も、義妹の子供が中心でした。そう、七五三の時も。

 

七五三の記念撮影の時も、義妹の子供を真ん中にして写真撮影。(あの汚い服で堂々と( ゚Д゚))

えっ!?うちの子供が今日は主役だよ!!(とにかく、言っても聞かない義家族です(´;ω;`)ウゥゥ)まあ、わかってはいたけれど・・・。

 

お参りをして、その後、お食事へ。


息子が食べたいお店に行くはずが、甥っ子の「僕は、この店がいい!ここじゃあなきゃ嫌だ!」発言で、私たちの言うことは全く聞いてくれず、義母が急遽予定変更。(息子の食べたいものがぁ・・・・。(悲))

息子の七五三のはずが、主役が完全にすり替わってしまって、息子にとって脇役になってしまった七五三でした。

 

つづく・・・。

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

義母のアポなし訪問⑥

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

義母のアポなし訪問③

義母のアポなし訪問④

義母のアポなし訪問⑤

こんにちは、涙子です。

 

前回は、義母に娘を連れ去られたところまでを書きました。

 

ここまできて、夫は何をしているのだ!と思った方もいらっしゃると思います。これについては、次回書きたいと思います。

 

娘が連れ去られた後、義母の身勝手な行動に、とてもイライラしていました。

皆で食べるはずだった食事。実は、お祝いというのは、娘の為のものだったんです。

主役不在の食卓。息子は、おいしいおいしいと言って気をつかって食べてくれましたが、微妙な空気でした。(本当にとても気をつかってくれていたんです。ごめんよぉ~(´;ω;`)ウゥゥ)

 

息子をに気をつかわさなければならなくなったこと、お祝いができなかったこと、夫の態度。いろんな気持ちが渦巻いて、とてつもない怒りが沸きあがってきました。

 

娘の帰りを今か今かと待ち受けていましたが、22時になっても帰ってこないので、たまりかねて義母に電話をし、早く帰ってくるように言いました。

 

でも、娘が帰宅したのは、23時。(保育園児ですよ!!)

 

もう、義母に抱かれた娘は眠そうで、眠そうで、辛そうでした。そして、娘は帰るなり「お寿司食べてきたよ~!」と言ったんです。

 

なにーーーーーーーーーー!?

お寿司ーーーーーーーーー!?ヾ(`Д´キ)ノ

 

お寿司だったら、家で食べればよかったじゃん!!ヾ(`Д´キ)ノ

皆でお祝いしてもらったほうが、娘も良かったじゃん!!ヾ(`Д´キ)ノ

 

私:「お義母さん!!こういうことは、二度としないでください。ヾ(`Д´キ)ノ」(他にも、いろいろと言いました。٩(๑•̀ω•́๑)۶)

 

義母:「おー、こわっ。おー、こわっ。はいはい、わーかーりーまーしーたーよ。」(こりゃ、全然わかってないな。(;^_^A)

 

そんな感じで、義母は帰って行きました。

 

これ以上、義母の行動がひどくなって行ったら、私はもう耐えられない。

 

日頃から、話し合いを避けてきた夫に遂に訴えかけます。

 

つづく・・・。

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

義母のアポなし訪問⑤

 

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

義母のアポなし訪問③

義母のアポなし訪問④

 

こんにちは、涙子です。

 

前回は、私の表情が暗くなっていった理由を書きました。

 

息子が小学校高学年になった頃を書きます。

 

この頃から、あからさま④に息子は義父母のことをよく思わなくなっていました。

 

特に義母の勝手な振る舞いに苛立っているようでした。

義母が話しかけても、無視したり、反抗的な態度を取ったり。

 

でも、義母はメンタル最強人間なので、なんとも思っておりませんでした。それがまた、イラついているようでした。

 

そんなある日、夕食にちらし寿司を作って、お刺身も用意して、子供たちの好きな揚げ物類やサラダも作って、我が家で言うご馳走を作ったんです。別に誰かの誕生日等ではなかったのですが、ちょっとお祝いしたいことがあって、ご馳走を用意したんです。

 

いよいよ食べようとした時、義母がやって来ました。「外に食べに行こう」と。

私は「たくさん作ったので、外食は今日はちょっと・・・。お義母さん、みんなで一緒に食べませんか?」っと言ったんです。

 

すると義母は、「義妹家族がどうしても、今夜外食に行きたいから、家ではなく、みんなで一緒に外食に行きたい」と。

 

でも、今日は譲れないなと思ったので、「今日は無理です。」と私も応戦。

義母:「じゃあ、子供達だけ連れて行く。」と言い出したんです。

 

私:「お義母さん、今日は本当に止めて欲しい。これこれこういう事情でご馳走を作ったんです。それに、時間も遅くて、明日は学校だから・・・。来週は、あけておきますから。」

義母:「来週じゃ、あかんねん。今行きたいねん。今、義妹が行きたいって言ってるから無理。」

 

子供たちを無理やり引っ張って、連れて行こうとする義母。

 

息子は既に義母を避けていたので、「俺は行かない!俺はお母さんの料理が食べたい。せっかく時間をかけて、作ってくれたものを無駄にしたくない。」と完全拒否。

 

すると義母は、年長の娘に向かって「お義母さんの料理なんかいつだって食べられるわ。それに、今日はお母さんの料理なんかよりずーーーーっとおいしい料理を食べに連れて行ってあげるでー。おもちゃも欲しいものを何でも買ってあげる。お母さんの料理なんかどうでもいいやん。明日食べれば済む話や!!だから、おばあちゃんと、食べに行こう!」

  

娘は、事情を何もわかっていないようで、「えー!?おもちゃ買ってくれるのぉ?ー」

義母:「そうやでー。お母さんなんかに買ってもらえないような、いいものを買ってあげるでー。」

と言って、娘を引っ張って行こうとしました。

 

息子が「おばあちゃん、今日はほんまに止めて!妹を連れて行かんといて!」

息子も私も、「必死で止めて!!」とお願いしたんです。

 

すると、義母は、最終的には、娘を抱きかかえて、連れ去って行ってしまいました。

 

このシリーズ、あともう少し続きます。

 

つづく・・・。

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

 

義母のアポなし訪問④

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

義母のアポなし訪問③

こんにちは、涙子です。

 

前回は、義母のやりたい放題に振り回され、私の表情が曇って行くところまでを書きました。

 

何も、アポなし訪問だけが原因で、暗くなっていったんではないんです。

その他にもいろいろあったからなんです。

 

特に、息子が小学生、娘が保育園の時は、習い事の送迎、通院、学校行事、保育園行事、地域行事、家の行事や、お寺の行事、役員も、PTA役員、学童役員、子供会役員等を一通りやっていましたので、めまぐるしく忙しい日々を送っていたんです。もちろん家事育児もやっています。

 

そんな忙しい日々の合間に、義母がやって来て、今から買い物に行きたいから、〇〇まで車で送って!(義母は運転免許を持っていません。)とか、友達の所、親戚の所まで送ってと、急に家に来て言うんです。もちろん、私の都合は全く無視で。(´;ω;`)ウゥゥ

 

せめて前日の夜に言っておいてくれれば、調整しやすかったりするのですけど、いつも急なんですよね。ヘ(-′д`-)ゝハァ~

 

義父や義妹を頼ってくれればいいのですが、当てにならず、切羽詰まって、結局こちらを頼ってくるんです。

 

私に用事があって「今日は無理です。」と言うと、

義母:「涙子ちゃんのそんな予定、いつでもいいやん!」とか「お義母さんは、大事な用事やねんから、涙子ちゃんの方をキャンセルして送ってよ!」

という感じなんです。(私も大事な用事だぁーー!!ってか、お義母さんこそ、予定をキャンセルしてよぉーーー。)

 

そして、ある時は、

義母:「△△(西の方)の友達の所まで送って欲しいんやけど・・・。」

私:「今から、〇〇(東の方)へ出かけるので反対方向なので、今日はごめんなさい。」

義母:「何言ってるの、出かけるのは一緒でしょ!だから、ついでに送ってよ!!!」

私:「ついでなんかじゃ、ないでしょ!!ヽ(`Д´#)ノお義母さん!

   本当に今日は無理なんです。」

義母:「じゃあ、(車に乗り込んで来て)送ってくれるまでここから降りないーーー!!!」っと大人げなく駄々をこねるんです。ヘ(-′д`-)ゝハァ~

 

こんな感じなので、結局予定を変更したりして、調整して何とか送り届けることになってしまっていたんです。(結局送ってしまうからいけないんですよね。(;^_^A)

  

忙しい中での、義母の要求は、最初は、大事な旦那様のお義母さんだからと、喜んで対応していましたが、育児をしながらの対応は、私の予想以上に負担となり、育てにくい子の子育ての足をひっぱる存在としか考えられなくなっていたんです。

 

だから、表情が暗くなってしまっていたんです。

 

つづく・・・。

にほんブログ村 子育てブログへ
 

義母のアポなし訪問③

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

こんにちは、涙子です。

 

前回は、子供が小さい頃の義母のアポなし訪問の様子について書きました。

 

息子が小学校に入るか入らないかの頃から書きます。

 

息子は、ADHDです。とても落ち着きのない子です。

食事の時に座らせるだけでも大変でした。

やっとこさ、座らせてご飯を食べ出したって頃になると、決まって義母がやってきます。

 

そして、ごはんの最中なのに

「おばあちゃんとお外にお散歩に行こう!」とか、「外に遊びに行こう!」と言って連れ出そうとするんです。

 

息子は「やったー!行く行く!!」と言って義母と一緒に外に遊びに行ってしまうんです。(私が引き留めても息子も義母も聞きません。)

 

やっと帰ってきたなと思って食事の続きをしようとすると、

息子:「もう、おなかいっぱーい!」

食事の途中で遊びに行っているうちに満腹になってしまって、ご飯を少ししか食べずに終わらせてしまう。

 

これが朝の場合は、保育園へ送迎しようとしても、「おばあちゃんと一緒にもっと遊びたい!」と言って行き渋ったり、夜の場合は、寝る前ぐらいに「お腹が減ってきたー。何か食べたい!!!」って決まってなるんです。

 

悪循環です。

 

他にも、夜ベッドに入って、子供たちを寝かしつけようとしている時に、「遊びに来たよ~」と来たり、義妹一家を連れて一緒に遊びに来たこともありました。

 

 

どんどん、子供たちの生活リズムを乱す行動が、エスカレートしていきました。

 

 こんなに義母が家に来るという事は、義実家にあまり行っていないのでは?と思われているかもしれませんが、週1回は足を運んでいたんですよ。(どれだけ会えば気が済むのかしら・・・。)

 

義母が、私たちと一緒に外食に行きたい時は、決まって私たちのごはん時にいきなり来て、「今から行こう」ってなるんです。

 

私はもうあと1時間でも早く、電話一本くれて、今日は食べに行きたいから食事の用意はいいよ!と言ってくれれば助かるのですが、いきなり思い立って訪問してきてこうなるので、作った食事は翌日回しになったり、傷みやすいものだと廃棄になったりしてました。

 

これらのことは、子供の教育上良くないよな~ってずっと思ってました。

でも、義母に訴えかけても全然聞いてくれなかったんです。(。>ω<)

 

そして、この頃から、義母と会った後、私の表情は暗くなってしまうようになりました。どうしても笑うことができなくなってしまったんです。

 

ある日、息子に言われたんです。

「おばあちゃんが、家に来た後は、ママが暗くなる」って。

 

つづく・・・。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログ40代主婦へ

義父のアポなし訪問

こんにちは、涙子です。

 

今回は、義のアポなし訪問編です。

 

義父の紹介は、まだできていませんが、あまり書くこともないので、紹介がてら、タイトルについて書き記しておきます。

 

義母のアポなし訪問については今、書いている途中ですが、義父の場合は、一体どんな感じなのでしょうか?

 

義父ももちろんアポなしで来ます。

でも、義母の場合とはちょっと違います。

 

まず、玄関のドアの鍵が閉まっている時は、義母と同様、ドアをガチャガチャするのですが、合鍵を使って勝手に入ってきたりします。(((((((ι゚д゚;)アワワ

義母はそこまでは、しません。

 

不在の時にも勝手に入ってきて、いろんなもの(置物や絵など)を家に置いて行ったりもしました。(これは、さすがに困るので止めてもらいました。)

 

まだ、玄関の鍵が閉まっている時は、ガチャガチャする音で、訪問したことに気づきやすいのですが、鍵が開いている時は、本当に入ってきたことに気づかなかったりするんです。(*_*;

 

入ってくる時に、何も言わずにそーーーっと忍び足で入ってくるので。ヾ(。>﹏<。)ノ゙

 

音が聞こえれば、私も気づくことができるのですが、私もベランダにいたり、料理をしていたり、掃除機をかけたりしていて、入ってきた音が聞こえないことも多々あるんです。

 

なので、義父を発見した時は、心臓が飛び出るぐらいビックリするんです( ゚Д゚)

 

(なんで、声をかけずにそーーーっと入ってくるのぉーーー?)

 

誰もいないはずの家の中に、義父がいるのんですもの!!

泥棒かと思っちゃいますよね(笑)

恐怖でしかありません。ヾ(。>﹏<。)ノ゙

  

それも、引き出しや棚を勝手に開けたりするので、発見した時に、完全に泥棒に見えてしまう時もあるんです。(((((((ι゚д゚;)アワワワ

 

一番ビックリしたのが、キッチンで、包丁を握っている時に、後ろを振り返ったら、真後ろに立っていたんです。何も言わずにですよ!!

 

(なんで、何も言わずに私の後ろに立っているの!!!)

 

もう腰が抜けるかと思うぐらいビックリ

( ゚Д゚)しました。

包丁を持っていたので、不法侵入者だと思って、包丁を振り回すところでした

(((((((ι゚д゚;)アワワワ

 

私:「おっ!お義父さん!家に入ってくるときはビックリするので、必ず一声かけて下さい!!」

 

と、何度も義父にはお願いをしたんですけどね。

 

義父:「あー、今声をかけようと思ったとこやった。ごめんごめん。」

 

その繰り返しです。

 

いつになったら、わかってくれるのかしら。。。

 

そんな感じの義父でございますm(_ _)m

 

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログ40代主婦へ

義母のアポなし訪問②

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

 

こんにちは、涙子です。

 

前回は、私たちの新婚時代に義母がどんな感じでアポなし訪問するのかを書きました。

 

子供を身ごもってからのことを書きます。

 

義母はさらにパワーアップ╰(*´︶`*)╯

 

産休で、家にいるとわかるとなると、さらに頻繁に我が家に来るようになります。それが、義母と義父が時間差でバラバラに来るのです。そして、たまに義妹もくるんです。もちろん、アポなしで(笑)

 

義父、義妹初登場です。

 

妊娠中はとても眠く、産休中は、お昼寝をしたかったのですが、入れ替わり立ちかわり来るので、それをする時間もありませんでした。

 

新生活にも全然慣れていなかったので、家にいても、全く休まりませんでした。

 

義父はその頃、既に定年退職し、時間をもてあましていたので、我が家に来てもなかなか帰らず、別居しているとはいえ、ほぼ同居をしているような状態でした。(毎日来るんですもの・・・。)

 

子供が生まれて、まだ寝るリズムができていない頃でも、義母、義父は頻繁に我が家を訪れていました。一日に何回来るのぉー???

 

 睡眠不足の中、やっと子供を寝かしつけた!やっとこれから私も寝ることができる!と思った時に、決まって義母はやってくるんです。(どこかで見張っているのかしら・・・。)

 

私が寝ている時は、

義母のアポなし訪問①

のように起きるまでドアをドンドンするので、結局無視できず、起こされます。(なかなか玄関を開けないと、電話がかかってきます。(笑))

 

孫の顔を見たくて見たくてしょうがないからです。(その気持ちはわかります。)

 

しかも、家に来て起こすのは私だけでなく、やっとのことで寝かしつけた子供も無理やり起こすのです。(義母が来た時は、子供の起きている姿を見たいからわざわざ起こすんです。٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

寝かせるのにとても苦労したのに。。。Σ===(*A ´Д`)=3

 

結局私が仕事に復帰するまでの間は、1日中私たちが家にいることを義母はわかっているので、生後半年くらいまでは、毎日欠かさず、しょっちゅう来ていたんですよ(δ´Д`)(子供達2人共です。ハイ!(。>ω<)ノ)

 

どうして、子供のことや私の気持ちを考えてくれることができないんだろう。いつかわかってくれるのかな?いや、わかってくれるはず!なんて思っていました。

 

でも、無理ですね(笑)

義母は常に、私や子供のことより、自分の気持ちが最優先な人なんです。

その性格を熟知していない私が甘かった。(* ´Д`)=3

 

つづく・・・。

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログ40代主婦へ

ブログURL変更のお知らせ

こんにちは、涙子です。

 

この度、4月17日に独自ドメインを取得し、URLを変更いたしました。

 

新しいURLはこちらとなります。登録の変更よろしくお願い致します。

https://www.poroporonamidako.com/

 

一部更新が上手くいっておらず、更新記事が見られない事態になっております。

 

原因究明中ですので、記事の更新までしばらくお待ちくださいませ。

(ここに書いても見ることができていないかもしれませんね。)

 

今後はこちらで、記事を書いてまいりますので、今後とも何卒よろしく願い致します。

 

涙子

おばあちゃんのしるしとは・・・?

こんにちは、涙子です。

 

今日は、娘の幼い頃のことを書きます。

 

娘は幼いころ、とても言い間違いの多い子でした。(今もあるかもです(;^_^A))

 

例えば、アンパンマンのことをパンパンマンと言ってみたり、じゃがいものことをがじゃいもと言ってみたり、はたまたエレベーターのことをエベレーターといってみたり(笑)

日本テレビの「ザ!鉄腕!DASH!」のことを「てつ、あんざっしゅ(鉄、餡、雑種)」??と言って見たり(笑)

 

ある時、「ママ!せんたっきに行きたい」と言い出した。

私:「ふむふむ。洗濯機ね!(^^)!」

 

娘の手を引いて洗濯機の前へ。

私:「はい、洗濯機の前に着いたよ~。」

娘:「( ゚д゚)ポカーン」固まる娘。

私:「ここが洗濯機だよぉ!」

娘:「違う!せんたっき!せんたっき!!せんたっきに行きたいの!٩(๑•̀ω•́๑)۶」

私は、娘が何が言いたいのかわからず、そのままその時は、話を終わらせました。(強引デスネ(。・`∀´・。))

 

なんだかもうオチがわかりそうですが・・・。

 

 

 

数日後。。。

 

ドライブ中に、ケンタッキーフライドチキンの前を通りました。

 

娘:「あっ!せんたっきー、せんたっきー!!!」

 

 

な・る・ほ・ど・・・。(#^^#)

 

 

娘はケンタッキーフライドチキンに行きたかったのね(^^;

 

そりゃ、洗濯機の前に連れて行っても納得しない訳だ!

 

ケンタッキーに連れて行ってと言って、洗濯機の前に連れていかれたら、誰でもああなりますね(^^;

 

娘のことを全然理解できていませんでした(^^;

 

娘の中では、意思が上手く通じず、イライラしていたかもしれませんが、私にとっては、娘の日々の言い間違いが、微笑ましくて可愛いカワ(・∀・n)<イイ!!って思っていました。(完全に親バカです!(笑))(*^_^*;)

 

 

そんなある日、娘が私に向かって言ったんです。

 

 

娘:「あっ!!!おばあちゃんのしるし!」

(何!?おばあちゃんのしるしって?)

 

 

私は、何のことを言っているんだろう、何かまたいい間違いをしているのかな?おばあちゃんが家に来て、何かしるしを家に残していったのかしら??なんて考えていました。

 

すると続けて娘が、

 

「嫌だ!嫌だ!おばあちゃんのしるし!!」と言い出しました。

私:「ナニ???」と娘に聞いてみると、

 

娘が私の方を指さし、嫌だ!嫌だ!おばあちゃんのしるし、消してよ~!と訴えかけてきました。

 

 

恐る恐る「おばあちゃんのしるしはどこにあるの?」と聞いてみると、

娘:「ココー!!!」っと言って、私の顔のシミの部分を指さしたんです。

 

あらっ、( ;∀;)その展開ですかっ(・・;)

 

そう、おばあちゃんのしるしとは、私のシミのことだったんです。

ガ━━(゚ω゚;)━━ン!

 

また娘の言い間違いかと思っていたけれど、今回は、端的な指摘をされ、年を感じさせられた出来事でした。(;'∀')

 

娘に言わせると、おばあちゃんにはみんなシミがある。(偏見だぞっ!)

 

ママ世代の人たちは、シミがない。(そんなことないよ!)

 

でも、私にもシミができているのを発見し、ママはママからおばあちゃんに変ってしまった→ショック→嫌だ!→嫌だから消してほしいという事だったようです。

 

息子にはそんなこと言われたことがなかったので、やっぱり女の子は違うな~と思った出来事でした。

 

若い時に、もっと美白対策をきっちりしていれば、こんなことにはならなかったかもしれませんね(笑)

 

後悔先に立たずです。(反省デス(。>ω<)ノ)

 

にほんブログ村 子育てブログへ
 

にほんブログ村

義母のアポなし訪問①

こんにちは、涙子です。

 

昨日は、義母について、さらっと紹介させていただきました。

 

具体的にどんな感じの義母なのでしょうか?

 

今日は、アポなし訪問編①です(笑)

 

義母は、何事も常に急に思い立つところがあるのですが、特に多いのがアポなし訪問。

 

どんな感じなのかと言いますと。。。

 

義実家は、我が家から自転車で10分程のところにあります。(めちゃくちゃ近い!)

 

そして、義母は、とっても早起き✊‼️
朝は、4時には起床。(目覚まし時計をセットさせられましたから、確かです。ハイ!)
そして、すぐに畑仕事へ。(めちゃくちゃ元気です。元気すぎます(笑))

 

畑仕事が終わると、すぐさま我が家へ来ます。
土日でも関係なしです。

 

早いときは、朝5時30分ぐらいに我が家へ。(早すぎます!!)


インターホンを鳴らさず、(ドンドンドンドン!ガチャガチャ!←ドアをたたく音とドアノブをガチャガチャする音)「涙子ちゃん、お義母さんや、ドアを開けて❗」と。(なぜ、インターホンを押さないのかしら??( ̄д ̄))

 

よくできたお嫁さんなら、こういう時、フルメイク、完璧な出で立ちで、お出迎えをされるんでしょうけど・・・。

 

当然、私は起きてなんかいません。( ̄д ̄)


朝が早く、義母の声が近所に響くため、私は飛び起きて慌てて玄関へ。


当然ノーメイク、髪はボサボサ、目は腫れている。最悪の姿でお出迎えです(笑)


私が毎日朝早く起きて、メイクもバッチリにしていればいいのでしょうけれど、毎日来るという訳ではないので、基本自分がいつも起きる時間までは、寝ています。

 

そして、家の中の様子や、朝ご飯は何を食べるのかだけ確認して帰ります。

これは、日常の朝の様子。

 

義母は外回りの仕事をしているので、昼間私が家にいるとわかっている時は、お昼ご飯時にも朝のような感じでやってきます。昼間は仕事の間に抜けられそうな時だけに来るので、来る頻度は少なめ。

 

そして、当然夜も来ます(笑)

いつもご飯時に来るので、一緒に食べますか?と言ったこともあるのですが、家に食事は用意してあるのでいいと言って食べません。

 

なぜ、ご飯もいらないのに、こんなにも頻繁にやってくるのかと言うと、私たちが2人がどんな生活を送っているのか、どんなご飯を食べているのか、気になって仕方がないから見に来ていたんだそうです。

 

これは、私たちの新婚時代の話です。

いつも気が抜けない状態の私は、次第に、ストレスになっていきます。

二人だけの時は、まだよかったんですよね。。。

 

つづく・・・。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログ40代主婦へ
 

義母をご紹介します!

こんにちは、涙子です。

 

今日は、義母について書きたいと思います。

 

義母は、美人で、行動力があって、要領がよくテキパキと何でもこなせる人です。交友関係も広く、話も上手なので、素敵なお義母さんだな~なんて思っていました。そう、結婚前までは!(そう、誰にでも欠点はある!)

 

結婚する前は、私に対して至れり尽くせりの義母でした。
私の気持ちをいつも第一に考えてくれる、とっても優しいお義母さん。( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡
この人とだったら、きっと上手くやっていけるわ(≧▽≦)
そう信じてやまなかったです。


でも、結婚してからは、違いました。llllll(-ω-;)llllllガーン…

 

夫に話していたようです。


義母:「涙子ちゃんを、私の思い通りにするなんて簡単。あの子にはこれから、私の思い通りなってもらうわ。」と。(嫁とはそういうものという考えの様です。だから、義母には悪気はないと思います。(´;ω;`)ウゥゥ)

 

なぜ、結婚前は、いいお義母さんだったのでしょうか?
それは、夫と私を、何が何でも結婚させたかったからのようです。
そして、孫を産んでもらいたい。〇〇家繁栄のために!(要するに、子を産むためですなー(。・ˇ_ˇ・。))

 

そのために、私に良くしてくれていたのです。

良くも悪くも、義母は私に気を使いません。
だから、思っていることをズバズバ言うし、することも、自分のやりたい放題やる人です。(結婚前はなかったですよっ!こういうことは(笑))

 

それが、私と思う方向が同じときは、とても良いのです。
リーダーシップをとって、例え自分が不利な状況であったとしても、自分を有利な方向に話を進めていってくれる、そういう力のある人です。とても力強い味方になってくれる人です。

 

でも、逆の時は、最悪です。
絶対に、家族の意見に耳を貸すようなことはありません。
だから、義母のやることに対して、家族が何か意見をしても全く聞いてくれません。

 

家族に対してはやりたい放題。歩み寄るということはしない人。

ここが、私にとって、とても重荷になってしまうところなのです。(ハイ!(。>ω<)ノ)

 

ここで、夫の出番だ!と世間一般家庭では、なりそうなものですが、夫は全く無関心。基本、夫の出番はありません。(←早く、登場してよぉ!)

 

記事のタイトルからすると、なんだか明るく笑える記事のように思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと重たいですね(笑)

 

これから、今までいろいろあったエピソードなど、ご紹介していけたらなと思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログ40代主婦へ
 

PVアクセスランキング にほんブログ村
発達障がい児育児ランキング