ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑪

 

こんにちは、涙子です。

 

前回は、中学2年までのお話を書きました。

 

今回は、中学3年の頃からお話したいと思います。

 

中3になってからも、のんびりムードの息子。

 

まだ、カリカリ勉強をしているという訳ではなく、1学期はまだ、上位校を狙える位置にいたので、塾には通っておりましたが、部活以外はまだ、のんびり過ごしておりました。

 

様子が変わり始めたのは、部活を引退してからです。

 

周りが勉強一色になって、何かを感じ始めた息子。

夏休みに入って、塾の自習室に通い1日中勉強しておりました。

 

そして、2学期に入り最初の実力テスト。

本人はこれだけ頑張ったから、きっと!という思いがあったと思います。

でも結果は、惨敗でした。ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

 

あんなに頑張ったのに。。。

そういう気持ちがあったと思います。

そして、周りの受験モードに圧倒され、パニックになっていたんだと思います。(パニックと言っても見た目はフリーズしているような感じです。)

 

その後の模試と実力テストで、さらに成績が急降下し始めます。

 

試験で5科目集中していることができず、3科目は高得点を取っても、あとの2科目は、ほとんど集中できず白紙で答案を出す、という状況でした。

 

中学に入り落ち着きを見せ始めていた息子でしたが、その時の息子の様子は、完全に落ち着きをなくしており、地に足が着いていないというか、自分を見失っているような感じでした。

 

不注意の面においては、特に進路関係のお手紙や提出書類が増える中、一向に忘れ物が減る気配なんてなく、むしろお手紙が増えたせいか、忘れ物が増えていきました。

 

授業でも、目が悪いのに眼鏡を持っていくのをほとんど忘れており、ノートをとることができない、提出書類が出せない、積極性がないので、発表もしない。先生に質問されると、極度の緊張をしてしまい、言葉が詰まってしまったり、パニックになったり等々、色々とありました。なんだか昔に戻ったみたい。。。そんな風に思っていました。

 

おかげで、内申点は散々なものでした。

 

そして、2学期最終の大事な模試と、校内テストで最悪の結果がでます。

5科目全てをほとんど白紙で出してしまいました。(やる気になれず、寝ていたそうです。)

 

このままでは。。。マズイ━━━━[;゚;Д;゚;]━━━━!!

 

いったい受験はどうなってまうのでしょう。。。

 

つづく・・・。

PVアクセスランキング にほんブログ村