ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

ストラテラ10㎎を服用してみたら・・・効果と副作用

こんにちは、涙子です。

 

現在高校生の息子が発達障害(ADHD)と診断され、ストラテラという薬を服用しています。(後にアトモキセチンへ)

 

ストラテラとは・・・

adhd-future.com

 

発達障害と診断を受けるまで↓

www.poroporonamidako.com

 

 

今日はその薬の効果と副作用について(息子の場合ですが)、書きたいと思います。

 

高校生と言いましても、体はもう大人ですが、少量の10ミリを1日1回朝、服用し様子を見ています。

(大人であれば40ミリから服用する人が多いそうです。)

 

効果


① 集中力が増す。
 息子はとても気が散りやすい性格ですが、人の話を集中して聞けるように なりました。
 今までは、学校の授業中は、授業でやっているところ以外のページを開けていることが多かったり、聞き漏らしが多かったが、服用後は、人の話がすっと入ってくるようになって、授業に集中できるようになった。(と言っている。(;^_^A)
 中学までは、教科書をみれば、ある程度勉強は理解ができたので、大きな影響はなかったが、さすがに、高校では、聞き漏らしが、致命的になることもあるので、助かっている。

 

② 切り替えが少しできるようになってきた。
 今までは、息子を呼んでも、指示が通らないことが多かったが、服用するようになってからは、呼ぶと比較的早い段階で、動いてくれるようになった。

 例えば、TVを見ている時に、「ごはんよ~。」と何度呼んでも、今までは、お腹が空いていても、食卓に来るどころか、返事すらできなかったが、今は比較的早い段階で、返事をしてくれたり、椅子に座ってくれるようになった。

 

③ 多動が少し減る。
 今までは、落ち着きがなく、体を動かしていることが多かったが、動きがやや落ち着いた。独り言が少し減った。

 

④ 部屋が散らかっていることに気づくようになった。
 タンスの引き出しを、突然整理整頓しだしたり、部屋を片付けだしたりするようになった。

 

大きくはその4点です。また、思い出したら追記します。

 

息子がよく言っているのは、薬を服用すると①集中の効果が大きいと言っています。
私たちは、②~④の効果を感じると同時に、家族の負担が減って少し助かっています。
ただ、症状が完全に改善された訳ではなく、あくまで少し良い方向に向き始めたというところです。薬の量が少ないからかもしれません。

 

 

副作用

 

服用2日目から食欲不振が出始めました。
効果は服用から2~3週間後と聞いていたにも関わらず、副作用だけ、服用後すぐに出ました。だんだん、ごはんが食べられなくなり、1日でパン1つしか食べられない日もありました。

 

服用1か月後に、服用量を20ミリに増量。
食欲不振+頭痛が出始めました。頭痛がひどく、逆に集中できなくなるとのことで、服用を10ミリに戻し、現在に至ります。服用して約9か月になります。

 

現在の様子

 

その後、薬になれきたのか、副作用はほとんどなくなりました。
薬を飲み始めた頃は、あまりにも何も食べないので心配しましたが、今は、普通の高校生並みに食べております。


服用し始めて約1か月は、薬を飲み忘れてしまうので、私が服用をフォローをしておりましたが、その後、私が何も言わなくなると、副作用が嫌だった息子は、薬を飲まなくなりました。


当時の息子にとっては、薬は副作用が出ている印象しかなく、メリットがなにも感じられなかったそうです。

 

でも、飲まなくなって初めて、薬の効果を実感することができたそうです。
薬のおかげで、こんなに集中できていたんだと。

ものすごく、忘れ物の多い息子ですが、薬は絶対に飲み忘れなくなりました。
効果はあるようですね。

効果は絶大!!とまでは言えないですが、やはり集中できる力、気づける力が違うそうです。

 

そして、当初ストラテラを処方してもらっていましたが、薬価が高いので、
今はジェネリック医薬品のアトモキセチンを処方してもらっています。


f:id:poroporo-namidako:20190518230703j:image

効果は同じで、薬の大きさが、ストラテラより、若干小さいですので、お子様には飲みやすいと思います。

薬価はジェネリックに切り替えてから、3分の1になり、経済的にとても助かっています。

また、変化がありましたら、書きますね。

 

ストラテラを発達障害でない人が飲んだら・・・。

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 子育てブログへ
 


 

PVアクセスランキング にほんブログ村
発達障がい児育児ランキング