ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

【育児】息子が発達障害とわかるまで②

過去の記事はこちらから

【育児】息子が発達障害とわかるまで①

 

こんにちは、涙子です。

 

今回も、息子の小さい頃のお話をしたいと思います。

前回は、息子が保育園に入った頃のお話をしました。

 

毎日毎日保育園に行くのが苦痛だった親子。😢

 

家に帰ってからも、息子と向き合う日々は地獄のようでした。

 

言葉がポツリポツリ出始めたのが、2歳半頃。

その頃初めてバイバイをしてくれました。(嬉しかった~(@^^)/~~~)

 

それまでは、言葉での意思疎通ができず、私が息子の気持ちを理解できないと、かんしゃくをおこす日々(*_*)

 

また、行動や気持ちの切り替えがなかなかできないため、遊びから食事、食事から身支度等にとても時間がかかり、手を洗いに行けば、15分は手を洗う。( ̄▽ ̄;)

 

時間がなくて無理やり切り替えさせようとすれば、かんしゃくを起こす。(`Δ´)

 

 

保育園では、相変わらず先生泣かせの子供でした。息子は毎日怒られてばかり。🙍

 

3歳くらいからは、私が迎えに行くと、廊下に立たされていることが多くなりました😿

 

そんなある日、3歳半検診に行った際、保健師の方から、「ちょっと心配やね。経過を観させてもらおうかな?」と言われます。(この時は、発達障害云々は言われておりません。)

 

これがよかった😌

 

その頃の私は、息子の成長が遅いイコール、全て母親の私の責任だと思い込んでいたので、誰にも相談できず、一人で抱え込んでいました。⤵️⤵️

 

その後、半年毎に経過観察していただくことになるのですが、そこで、保健師の方が、私の気持ちを受け止めて、いろいろな悩みを聞いて下さり、また、アドバイスもして下さるようになりました。

 

初めて、「お母さん、今まで一人でよく頑張ってきましたね。」なんて言っていただいて、涙してしまいました。(涙)

  

そこでは、保育園に対する思いもお話したように思います。

 

最初は保健師の方と私との二者面談でしたが、保健師さんから「園側の理解が得られないと、息子さんの状況がよくなりません。園側も含めてこれからは、3者面談にしましょう。」と提案して下さいました。

 

3者面談をするようになってから、園側の対応に変化が現れました。

 

今までは、園側は私たち親子を責め立てることばかりでしたが、少しずつ、どうすれば息子がよりよく過ごせるか、成長させることができるのかを考えてくれるようになってきました。

 

それからは、息子の様子が少しずつ改善をみせ始め、ペースはゆっくりですが、少しずつできることが増えていきました。

 

卒園の頃には、まだまだ問題は山積みでしたが、できることが増え、息子も笑うことが増えてとても嬉しかったです。(*≧∇≦)ノ

 

卒園の時に、担任の先生が、「お母さんがどれだけ苦労されてきているのか、よくわかります。いつも真剣に子供に向き合っていて、えらいなって思います。」と言ってくださいました。

 

毎日息子をみてきて下さった先生だからこそ、言える言葉なのだなと思うと、自然に涙がこぼれました。( ;∀;) 

 

つづく・・・。

【育児】息子が発達障害とわかるまで③

【育児】息子が発達障害とわかるまで④

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑤

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑥

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑦

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑧

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑨

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑩

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑪

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑫

【育児】息子が発達障害とわかるまで⑬

PVアクセスランキング にほんブログ村