ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

大津の園児2人死亡事故について

 

こんにちは、涙子です。

 

昨日痛ましい事故が起きました。

私は、あの現場を知っています。


見通しの良い交差点。
とても景色のきれいなところで、交通量の多い道路です。

 

特に、右折レーンは長い列ができていて、待ち時間が長いです。
イライラするのか、強引な右折をしているところを目撃したことがあります。矢印信号が消えても突っ込んでくる車もいます。
少しでも、早く右折したかったんでしょうね。

 

私も子供もいますし、運転もします。
だから、とても他人事とは思えません。

 

とても、悲しいです。


亡くなられた方、ご遺族の気持ちを思うと、言葉になりません。
今朝、笑顔で送り出した我が子にもう会えないと思うと、悲しすぎます。
辛すぎます。

 

そして、さらに悲しいのは、マスコミの方々の報道です。

 

園児たちが運ばれた病院まで取材にいったり、園側の記者会見で園側に非があるような質問をしたり、行き過ぎとしか思えません。

 

私が被害者の家族だったら、そっとしておいて欲しいと思います。今一番辛いはずの人達は、それを望んでいると思います。

 

私たちは、保育園、保育士の方々がいるから、子供たちを預けて、仕事ができます。


私は、いつも感謝しています。大変なお仕事です。

 

今回も保育士の方々は、きちんと対応されていたと思います。


でも、あの記者会見は、その方たちの責任を問うような感じでした。

 

もし、私があの場にいたなら、子供たちを救えただろうか?守ることができただろうか・・・・?


きっとできなかったと思います。

 

テレビで、人は頭上からものが落ちてきた時に逃げることができるか?
という実験をしているのを見たことがあります。
「あっ、危ない!」と言われて、その時に逃げられる人は一人もいませんでした。
みんな、足が一歩も動かないんです。

 

今回も、一瞬過ぎて、何も動くことができなかったと思います。

 

どうか、今回引率されていた先生方を誰も責めないであげてほしいです。

 

とても、残念な事故です。
二度とこのような事故が起こる事のないように、気をつけなければいけません。

 

教習所の先生が、青信号であっても、決して安心するな。と言っていました。
本当にその通りです。

 

だろう運転ではなく、かもしれない運転を心がけなければなりません。
直進優先であっても、曲がってくる車がいるかもしれない。
人が飛び出してくるかもしれない。
わかりきったことですが、余裕をもって運転しなければなりませんね。

一歩間違えば、人の命を奪う大惨事になることを肝に銘じなければいけません。

 

亡くなられた方の、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村