ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

義母のアポなし訪問③

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

こんにちは、涙子です。

 

前回は、子供が小さい頃の義母のアポなし訪問の様子について書きました。

 

息子が小学校に入るか入らないかの頃から書きます。

 

息子は、ADHDです。とても落ち着きのない子です。

食事の時に座らせるだけでも大変でした。

やっとこさ、座らせてご飯を食べ出したって頃になると、決まって義母がやってきます。

 

そして、ごはんの最中なのに

「おばあちゃんとお外にお散歩に行こう!」とか、「外に遊びに行こう!」と言って連れ出そうとするんです。

 

息子は「やったー!行く行く!!」と言って義母と一緒に外に遊びに行ってしまうんです。(私が引き留めても息子も義母も聞きません。)

 

やっと帰ってきたなと思って食事の続きをしようとすると、

息子:「もう、おなかいっぱーい!」

食事の途中で遊びに行っているうちに満腹になってしまって、ご飯を少ししか食べずに終わらせてしまう。

 

これが朝の場合は、保育園へ送迎しようとしても、「おばあちゃんと一緒にもっと遊びたい!」と言って行き渋ったり、夜の場合は、寝る前ぐらいに「お腹が減ってきたー。何か食べたい!!!」って決まってなるんです。

 

悪循環です。

 

他にも、夜ベッドに入って、子供たちを寝かしつけようとしている時に、「遊びに来たよ~」と来たり、義妹一家を連れて一緒に遊びに来たこともありました。

 

 

どんどん、子供たちの生活リズムを乱す行動が、エスカレートしていきました。

 

 こんなに義母が家に来るという事は、義実家にあまり行っていないのでは?と思われているかもしれませんが、週1回は足を運んでいたんですよ。(どれだけ会えば気が済むのかしら・・・。)

 

義母が、私たちと一緒に外食に行きたい時は、決まって私たちのごはん時にいきなり来て、「今から行こう」ってなるんです。

 

私はもうあと1時間でも早く、電話一本くれて、今日は食べに行きたいから食事の用意はいいよ!と言ってくれれば助かるのですが、いきなり思い立って訪問してきてこうなるので、作った食事は翌日回しになったり、傷みやすいものだと廃棄になったりしてました。

 

これらのことは、子供の教育上良くないよな~ってずっと思ってました。

でも、義母に訴えかけても全然聞いてくれなかったんです。(。>ω<)

 

そして、この頃から、義母と会った後、私の表情は暗くなってしまうようになりました。どうしても笑うことができなくなってしまったんです。

 

ある日、息子に言われたんです。

「おばあちゃんが、家に来た後は、ママが暗くなる」って。

 

つづく・・・。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 にほんブログ村 主婦日記ブログ40代主婦へ

PVアクセスランキング にほんブログ村