ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

義母のアポなし訪問⑧

過去の記事はこちら↓

義母のアポなし訪問①

義母のアポなし訪問②

義母のアポなし訪問③

義母のアポなし訪問④

義母のアポなし訪問⑤

義母のアポなし訪問⑥

義母のアポなし訪問⑦

こんにちは、涙子です。

 

前回は、結婚してからの夫の様子を書きました。

 

一番身近なパートナーに気持ちに寄り添ってもらえない、協力してもらえないというのは、とても苦しく、寂しいものです。

 

私は、いつの日からか、この人に話しても何にも解決しないと思い、相談することはしなくなっていました。

 

だから、話し合いはどうせできないに決まっている。でも、今回ここで言わなければ何も改善しないし、改善しなければ、違う道も考えなければならないなと思いました。

 

意を決して、「義母の今回のこと、やりすぎだと思う。こういうことされると困る。私からは義母には言ったけれど、あれは全然わかってくれてないと思う。あなたからも何とか言って欲しい」と伝えました。

 

すると、夫は「はぁ?義母の行動は、別に俺はなんとも思っていないし、※俺は、何も困っていない。困っているのは涙子でしょ?自分が困っているんだったら自分で解決したら??」って言われました。

 

私:「( ゚д゚;)ポカーン」

 

私は、夫婦とは、お互い助け合うものだと思っていました。
苦しい時ほど助け合って絆を深めて行く、そういう存在だと思っていました。

 

でも、夫は、こんな状況を危機的な状況と捉えることもできず、突き放すようなことしかできない。

 

もう、この人は、話にならない。

 

そう思った瞬間、私の中で完全に吹っ切れました。

 

私は、結婚してから今まで、妻として、嫁として、母として、ずっといろんなことを、自分の気持ちを押し殺して生きてきました。


それは、全ては夫の為、子供の為、家の為、そのために自分を犠牲にしてきていたんです。

 

でも、夫はどうでしょう。


こんな私が切羽詰まった状況を把握できず、なんとも思わない、何も感じない、何も問題解決をしようとしない、向き合わない、逃げてばかり。私の気持ちを何も理解しようとしない。

 

私は、こんな人のために今まで自分を犠牲にして懸命に尽くしてきたのかと。
「夫のことが嫌い。」「義家族のことも嫌い」だなと素直に思いました。
嫌いな人のためには何も頑張れない。

 

これからは、自分自身と子供の為だけに生きて行こうと。╰(*´︶‘*)╯

そして、この人と一緒にいる意味がない。離婚しよう。と思いました。

 

離婚するとしてももう、話し合いなんてするつもりはこれっぽっちもありませんでした。(今までこんな状況で、今更、話し合いなんてできないでしょ(笑))

 

突然この家から消えてやろう。その準備をこれからひっそりと進めて行こうと思いました。

 

つづく・・・。

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
発達障がい児育児ランキング