ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

天真爛漫だった娘の反抗期は突然に。。。

 

こんにちは、涙子です。

 

「おばあちゃんのしるしとは・・・?」

で、小さい頃の娘の話を少し書いていますが
今まで、娘のことは、ほとんど登場しませんでしたね。

www.poroporonamidako.com

 

 

今日は、娘のことを書きます。

 

今まで、娘は本当に手のかからない子でした。


息子がとーーーーーっても、手のかかる子で、大変だったので、私はとても助けられていました。


困っている人がいると、ほっとけなくて、友達や家族のことを助けてくれる優しい子です。


いつも明るくて、ギャハハハハー(≧▽≦)って笑ってばかりで、まさに天真爛漫っていう言葉がぴったりの子です。家族みんなから溺愛されていて、カワ(・∀・)イイ!!カワ(・∀・)イイ!!と毎日言われまくっている子です。

 

そんな、とっても明るい娘だったのですが、最近、小学6年生になって、変わり始めました。


ついに、反抗期突入ですね。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

今までは、私が家に帰ってくると、「ママ~、聞いて聞いて~。」っと寄ってきてくれていて、いろんな話をしてくれていたんです。いたずらも、いっぱいしてくれていたんです。

 

でも、今は、部屋に一人でこもっています。


一人で過ごす時間が急に増えました。

 

そして、話しかけても、「イライラしているから、話しかけないで!!」とか、学校での様子を聞いても、「それ、聞く必要ある?」「聞いてどうするの?」「聞く必要ないでしょ!」と怒りモード。

(*`・з・)ムッ

 

たまに甘えてもきますが、親に反抗というか、親のことを拒絶するようになりました。


娘は悩んでいるようです。人間関係で。
私たちに聞かれたくない、話したくないから、私たちを避けているのかもしれません。もしかしたら、何も考えてないかもしれませんが・・・(;^_^A

 

今まで、友達関係で悩むことがなかったので、苦しんでいるようです。

 

学校の世界が全てだと思って苦しんでいる。がんじがらめになっているんですね。

 

学生生活なんて、人生一生のうちほんの一瞬だよ!


気にしない気にしない!と言いたい。

 

・・・でも、そんなことを、小学生の娘に伝えたところで、理解は難しいでしょう。


もし、自分が小学生だったら、お年頃の女の子が、心が揺れ動く時期に、「気にしない」っていう言葉を受け入れられるだろうか。一番いろんなことを気にする時期ですものね。

 

少しでも家で吐き出すことができれば、良いんですけれど、昔から、嫌なことがあっても愚痴はほとんど言わない子だったので、それも難しいでしょう。

 

話すと少しは楽になるのにな。

 

学校の先生、回りのお友達、ママ友などから様子はある程度聞いていて知っています。

 

いつか、話して欲しいな。聞くことしかしてあげられないから。。。


あとは、おいしいご飯を作って待つだけですね。

 

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
発達障がい児育児ランキング