ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

私はこうして改善した!乾癬(かんせん)発症から完治へ向けて④~主婦湿疹(手湿疹)併発~

束の間の幸せ

www.poroporonamidako.com

 

今までかゆみ、フケで悩んでいたのは一体なんだったのかと思うくらい、妊娠後期からは穏やかな日々を過ごしていました。

 

・・・が、やはり敵はいなくなった訳ではありませんでした。

 

子供が1歳を過ぎ卒乳をしたころです。

再び、あのじわじわとしたかゆみが復活してきました。

 

やっぱり、治った訳ではなかったのです。

 

かゆみがどんどん増していき、かゆみ、かさぶた部分も格段に広がりを見せ始めました。

前回のかさぶたは、後頭部の右半分だけでしたが、今回は、左側にも広がっていきました。

 

どんどんひどくなっていく・・・。どうしよう。

 

主婦湿疹(手湿疹)併発

 

 それと同時期に、家事育児のせいで、手荒れが酷くなってきていました。

 

あまりにも荒れて、湿疹、痒みもひどく、じゅくじゅくするようになってきます。例えるなら、熟したトマトの様な感じです。少しでも、皮に切れ目が入ると、そこから熟した汁が中から出てくる感じです。

 

やがて、指を曲げるだけで、指が切れて、血がでるようになります。

 

ただ、歩いているだけなのに、ふと手を見ると、血だらけになっていたり、洗濯物を干していると、自分の手の血が、洗濯物のあちこちに血がついていて、もう手袋なしでは生活ができないような状態になっていました。

 

ある日の夜、私は指の切れた痛みと、あまりのかゆみで、ついに一睡もすることができませんでした。朝、よくよく自分の手を見てみると、しもやけになったように手全体が腫れて布団が血だらけになっていました。そして、痛みと腫れで指を曲げることができなくなっていました。

 

これは、ヤバい( ゚Д゚)

さすがに、皮膚科を受診しようと思いました。

 

最初の診断

 

手荒れで受診すると、そこでの診断は主婦湿疹ということでした。

「治療法は水をできるだけ触らないこと!お薬を塗ること。」と言われました。

 

ついでに、頭のかゆみのことも聞いてみよう!と先生に診ていただくと、即答で「ああ、脂漏性湿疹ね。シャンプーがあっていないのかも。」と言われました。

 

そして、二つの湿疹にアンデベードというステロイドを処方されました。

 

つづく・・・。

www.poroporonamidako.com

PVアクセスランキング にほんブログ村