ぽろぽろ涙子今日も行く

乾癬発症から完治に向けて20数年の記録と人生色々雑記ブログ。

一人で戦う決意をし、内部通報する。

こんにちは、涙子です。

 

前回は、私がクビを宣告されたところまでを書きました。

 

www.poroporonamidako.com

 

www.poroporonamidako.com

 

 

クビを宣告される

 

私は、Aからの嫌がらせの末に、クビを宣告されました。

俗にいう派遣切りです。

 

理由は、会社の業績が悪いことを上げ、あくまでAの私情によるものではなく、会社の判断として、辞めてもらうことになったと、説明がありました。

 

そんな訳ない。

 

Aの個人的感情によるものであることは、間違いない。

 

会社の業績は悪いわけではないのに、理由を無理やりこじつけて、私をクビにしたのだ!

 

こんなにも、いとも簡単に長年働いてきた会社をクビにされるとは・・・・。

 

Aは、私にクビを宣告してから、毎日上機嫌になっていた。

 

 

悔しかった。(´;ω;`)ウゥゥ

 

めちゃくちゃ泣いた。(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

Aにされてきたことはもちろん、今まで他にもつらい思いも全て飲み込んで我慢してきたこと等、いろんなことが思い出され、涙が出た。

 

 

今更、悔やんでも過去には戻れない。

前を向いて行くしかない。

 

とにかく、このことを受け入れて、早く次の仕事を探さなければ・・・。

 

 

でも、もしかしたら・・・・。

 

 

f:id:poroporo-namidako:20200724171115j:plain

 

派遣先のコンプライアンス相談窓口に内部通報する

 

何とか助けてほしい、雇止めを撤回してほしい、嫌がらせを止めてほしい。その一心で、一縷の望みをかけて、派遣先のコンプライアンス・ハラスメント相談窓口に通報してみた。

 

 大企業であるにもかかわらず、相談窓口の担当者がわずか3人での対応のため、反応が遅く、鈍かった。

 

そして、ネットで、調べてみても、通報した人は、大概がもみ消されるということが書かれてあったので、期待はできないと、並行で次の仕事を探し始めた。

 

転職サイトなどを、検索する中で出てくる広告に、弁護士事務所の無料相談の広告が出ていた。

 

裁判?

 

弁護士に相談する

もしかすると、裁判までいかなくても、何かしら弁護士が会社と交渉してくれるかもしれない。

 

無料相談を受け付けてくれる弁護士事務所に片っ端から電話をしてみた。

 

しかし、無情にも返ってくる言葉は、どこもお役に立てないとの回答ばかり。

 

派遣契約は、とても弱い立場にあり、派遣を切るということに違法性はなく、もし裁判をするなら、あくまでもハラスメントについて、金銭解決になるだけであるとのことだった。

 

今まで、派遣で働いてきたことが、いかにリスキーな働き方であるかを痛感した。(*p_q*)シクシク

 

弁護士にも頼ることができないのか。。。 

 

と思い、これで最後にしようと電話をした弁護士の先生が、もしかしたら、できることがあるかもしれないといろいろと相談にのってくれました。

 

その先生は、私の話をとても親身になって聞いてくれました。

 

クビを宣告されてから、初めて私に温かい言葉をかけてくれた方でした。

 

そして、派遣労働者の裁判に一番詳しい先生を紹介していただきました。

 

 

弁護士に相談する場合

 

もし、今、弁護士先生に相談しようと思っている方は、できるだけ多くの先生に相談した方がいいです。

 

先生によって、得意不得意もありますし、難しい裁判や、儲けが少ない裁判はやりたがらない傾向にもありますし、自分との相性(相談しやすいかどうか)もあります。

 

例え、10人の先生がダメだと言っても、私のように、最後に連絡した先生と出会う可能性もありますから。

 

そうやって、自分の意向に沿っていただける方を、探されてはと思います。

 

弁護士のアドバイス

先生からは、現状は相談窓口がどのくらい機能しているのかわからないので、会社の様子、出方をもう少し見ましょう。 

 

もし、相談窓口の担当者が私の意向に沿った結論を導き出してくれれば、そもそも裁判をする必要もないのでとのアドバイスをもらいました。

 

 

 つづく・・・。

 

つづきはこちらから↓

www.poroporonamidako.com

 

↓ポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


発達障がい児育児ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
発達障がい児育児ランキング